事業案内

清掃業務

清掃業務

清掃業務は、建物の維持管理の中心となる業務です。

お客様の財産である建物の延命や美観を保持するために、日常清掃・定期清掃などを組み合わせ、清潔で快適な環境をご提供するとともに建物の安全を守ります。

日常清掃

日常清掃

日常清掃とは、文字通り日常的に毎日行う清掃です。掃除機をかけ、床を拭き上げ、ゴミを回収し、トイレを磨いたりします。 このようなことを毎日継続することによって、美観を保ち維持します。
お客様の施設・用途によって、場所ごとに毎日、週1回、週3回などのスケジュールを組んで作業を行います。

床清掃

タイルカーペット、ジュータンは掃除機がけを行い、Pタイル・塩ビ床はモップがけを行います。

トイレ清掃

便器、洗面台の磨き上げ、鏡面の拭き上げ、床のモップがけ、拭き上げを行います。

湯沸室など

シンクの磨き、茶ガラ・生ゴミ等の回収、床のモップがけ、拭き上げを行います。

ゴミの分別回収

ゴミ箱のゴミを回収し、集積所での分別を行います。

その他

テーブル、デスク、棚等の拭き上げ、外周部の掃き掃除などを行います。

定期清掃

定期清掃

日常清掃は建物の日常的な美観の保持や衛生面に重点を置いた作業ですが、どうしてもそれだけではまかないきれない汚れや長期間にわたり美観を維持するために必要な作業があります。それが定期清掃です。
定期清掃には主な作業として、床のワックスがけやカーペットの洗浄、ガラス清掃などがあり、日常清掃を補完するための作業です。
お客様の施設と用途、ご要望によって、場所ごとに月1回、年1回、年2回などのスケジュールを組んで作業を行います。

床清掃

タイルカーペット、ジュータンは専用の機材、洗剤を使用し、表面だけでなく奥深くまで洗浄し、汚れを除去します。OAフロアなどでは多量の水を使わないよう、ドライクリーニングという方法で作業を行います。

Pタイル、塩ビ床は専用の洗剤で床面を洗浄し、床の素材に合わせたワックスを塗布して美観を維持します。

ガラス清掃

ガラスが汚れているだけでそのビルの美観は損なわれます。また、長期間放置してこびり付いた汚れはなかなか落ちませんし、ガラスそのものの劣化にもつながります。

中性洗剤を使用しガラス面を洗浄後、スクイジーで汚水を除去し拭き上げます。

特別清掃

照明器具清掃

管球、反射板の洗浄や拭き上げを行います。照明器具も知らず知らずのうちに汚れがたまっています。定期的に掃除をすることにより、室内全体が明るくなります。

外壁洗浄

汚れた壁面は美観を損ねるだけでなく、建物の劣化につながります。

汚染度が増すと強力な洗剤を使用してもなかなか落ちなくなるうえ、あまり強い洗剤を使用すると壁が傷み建物の寿命を縮めることになります。車の排気ガス、ホコリ、水垢、コケなど、様々な要因で汚れは増していきますので、定期的な洗浄が必要です。

壁の材質、汚れの状況から最適な作業方法をご提案します。

配水管高圧洗浄

長期間にわたりホコリや砂などが堆積すると、配管が詰まる原因になります。また、配管の腐食が進むと赤水が出たり、水の出が悪くなったり、配管の劣化した部分から水漏れが発生し、最悪の場合は管の交換が必要になります。

定期的に配管内を高圧の水で洗浄することにより、劣化を防ぎ、建物の安全を守ります。

椅子のクリーニング

食べこぼし、飲みこぼしによるシミなど、椅子も長期間使用しているとかなりの汚れが付着します。そのような椅子を見て、大多数の方が諦めるか、新品を買う選択をするでしょう。

でも、もしその汚れが落ちるとしたらどうでしょう。布張り、ビニールレザー、革製など専用の機材、薬品を使用し、その汚れを落とします。