事業案内

設備管理

設備管理

建物は、人と同様生きています。人と同じように新陳代謝を行っています。空調、給排水、電気などの諸設備は人の心臓にあたりますし、床下、天井、壁などに張りめぐらされた配線、配管、ダクトは血管や神経に相当します。

この中の一部であっても不具合があれば健康とはいえません。人の生命・財産を守る当社では、ビルの安全を守ることも大きな使命と考えております。警備・保安で培ってきたノウハウは、ビルの設備面から衛生、環境全体に至るまで、どんな異常も見逃しません。

設備管理業務

設備管理業務

設備管理業務は、建物内にある数多くの設備機器の運転、監視、整備、保全及び記録の分析・保存をする、いわば健康診断のようなものです。建物がその機能を果たし、安全・安心・快適に運用できるようチェックし、お客様の財産である建物を守ります。

電気設備

現代では、建物内のあらゆる設備が電気でコントロールされていると言っても過言ではありません。これらをいかに効率よくコントロールするかは、その維持管理にかかっています。

高圧の受変電設備に関しては、月次・年次点検等、定期的に有資格者が管理する必要があります。また、照明器具やコンセントなどの低圧の電気設備の点検管理も建物の安全を守る上で不可欠です。

空調設備

空調設備は、場所によって建物全体の機器をコントロールするシステム、各フロアや部屋ごとにコントロールするシステム、一般家庭等に設置される小型のエアコンなど、様々な運転方式、能力の機器が設置されています。

近年、ビル・建物の気密化が進み、OA機器が発する熱による空調設備への負荷増などもあり、空調設備の点検管理は必要不可欠なものになっています。

さらには、エネルギー消費が大きい空調設備は、省エネルギー・省電力への対応など、その維持管理は大変重要なものになっています。

給排水・衛生設備

生命に不可欠な水を安心して使用できるよう、給水・給湯・排水設備・衛生器具などの設備の維持管理が必要です。

給水設備関係では、受水槽・貯水槽などの法定点検や清掃、各種ポンプ類・配管などの点検を行います。

排水設備関係では、汚水・雑排水槽、浄化槽などの点検、水質検査などを行います。

また、手洗い・洗面・便器・シャワーなどの衛生設備の清掃・維持管理も大切です。

消防設備

万一火災が発生した場合、施設利用者の生命に危険が及んだり、お客様の財産の消失、近隣への被害拡大など、計り知れないものがあります。不測の事態に備え、日頃からの点検が必要です。

そのために国では、消防法ならびに同施行令で消防設備に関する検査等について定めています。

有資格者による定期的な消防設備の点検及び消防署への報告、各種消防機器、報知設備の修理、有効期限切れの消火器等の交換などを行います。

その他法定点検

ボイラー、冷凍機など、その施設の運営に不可欠な各種設備機器の点検、整備を行います。

環境衛生管理

環境衛生管理

環境衛生管理業務は、建物内の環境を衛生的に維持管理する業務です。「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」(ビル管理法)に維持すべき環境基準が定められています。これらの基準が実際に守られているかどうか、空気環境や飲料水などを測定・点検。基準に合致するよう調整し、建物を利用する人々の健康を守ります。

建築物環境衛生管理技術者の選任

特定建築物に該当する建物では、ビル管理法に基づき管理技術者を選任し、法律で定められている管理基準を遵守するとともに、その指導監督をしなくてはなりません。

空気環境測定

快適な室内環境を維持するため、2ヶ月に1度、浮遊粉じんの量、一酸化炭素や炭酸ガスの含有量、温度、湿度などを測定し、建物内の空気の環境測定を行います。

貯水槽清掃・残留塩素測定・水質検査

生命に必要不可欠な水を安心してご使用いただけるよう、年1回の清掃、年2回の水質検査、週1回の残留塩素測定などを行わなければなりません。

害虫防除

ゴキブリ・ダニなどの害虫、ねずみの防除・駆除を定期的に行い、清潔な環境を維持します。またトラップによる生息状況の点検などを行い、その環境や害虫に適した薬剤を散布します。

その他、ハト・カラス、ハクビシン対策などの作業も行います。

廃棄物処理

ゴミ・廃棄物の処理は、近年重要な問題となっております。

当社では信頼のある提携処理業者に依頼。法律に基づき適正に処理し、管理します。