企業情報

沿革

旭総合警備 会社経歴

昭和42年(1967年)8月 会社設立 資本金200万円
(株)東京日産自動車販売の子会社として、都内営業所および車両センターでの常駐警備専門会社として業務開始
昭和46年(1971年) 東京都警備会社連絡協議会設立に参画(加盟47社)
昭和47年(1972年) 『警備業法』施行(都内の業者数:専業76社、兼業137社)
昭和50年(1975年) 警視庁渋谷警察署管内の警備業者で組織する渋谷警備業連絡協議会設立に参画
同協議会 副会長に当社代表取締役 岩瀬良二就任
昭和51年(1976年) 岩瀬良二が渋谷警備業連絡協議会 会長に就任
昭和55年(1980年)5月 ビル管理部門を新設
昭和57年(1982年)7月 改正『警備業法』成立(業者数747社)
昭和58年(1983年)7月 取締役に岩瀬 剛就任
昭和59年(1984年)4月 ビル管理部門を分離独立し、九日産業株式会社設立 資本金600万円
昭和62年(1987年) 東京都警備会社連絡協議会が社団法人化され(社)東京都警備業協会設立
昭和63年(1988年)7月 岩瀬 剛が代表取締役社長に就任
昭和63年(1988年)7月 渋谷世田谷労働基準協会 常任理事に就任
渋谷警備業連絡協議会 理事に就任
平成元年(1989年)7月 資本金を1,000万円に増資
平成 2年(1990年)3月 九日産業株式会社を発展解消、業務を継承し、管財部門を新設
平成 4年(1992年) (社)東京都警備業協会 教育委員会 委員に就任
平成 4年(1992年)8月 明治記念館に於いて『会社創立25周年感謝の集い』を挙行
平成 7年(1995年) 阪神淡路大震災を受けて、(社)東京都警備業協会 災害対策特別委員会 委員に就任
平成 8年(1996年) (社)全国警備業協会 教育センター設置委員会 委員に就任
平成11年(1999年) 警視庁及び関東11都県との間に締結した「災害時における支援協定及び広域協定」に基づく(社)東京都警備業協会 南西地区支部災害対策本部長に就任
平成15年(2003年) 品質保証の国際規格「ISO9001:2000年版」を認証取得
平成16年(2004年)12月 災害用トイレ「せいけつさん」の販売を開始
平成21年(2009年)9月 東京消防庁より「救命講習受講優良事業所」の認定を受く
平成21年(2009年)11月 G・W・ブッシュ前米国大統領の講演会(早稲田大学)での特別警戒警備実施
平成22年(2010年)1月 東京消防庁出初式に選抜され参加
平成22年(2010年)10月 岩瀬 剛が『危機管理産業展2010』(東京ビッグサイト)で「大災害時における警備業の役割」と題した講演を行う
平成23年(2011年)5月 当社従業員が「東日本大震災 東京都警備業協会災害援助隊」に選抜され、宮城県石巻市において防犯支援活動を行う
平成24年(2012年)4月 (社)東京都警備業協会 理事(施設警備業務担当)に就任
渋谷警備業連絡協議会 会長に就任
平成24年(2012年)9月 明治記念館に於いて「会社創立45周年感謝の集い」を挙行
平成25年(2013年)5月 警視庁生活安全部長ならびに東京防犯協会連合会会長より岩瀬 剛に 対し「生活安全部長賞」を受く